自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログです。勃起力向上委員会を立ち上げ代表を務めるペニ吉が本当に効果が期待出来るおすすめの精力剤をランキングで紹介したり、精力増強やペニス増大を目指すためのお役立ち情報を配信しています。

精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ

ED関連

旦那が勃たないのは排卵日セックスが原因かも!夫を勃起させる解決法

更新日:

旦那 勃たない

セックスの時に夫のペニスが「勃たない」「挿入しようとすると萎える」そんな悩みを持つ女性は少なくありません。

もちろん、旦那さん自身も悩んでいるはずです。。。

セックス中にうまくペニスが勃たない原因は色々とありますが、旦那さんの年齢が若い場合は精神面の問題であることが多く、よくあるのは排卵日のセックスが原因になっているケースがあります。

では、詳しくみていきましょう。

旦那が妻とのセックスで勃たないのは排卵日セックスが原因かも・・・

排卵日セックス ED

男性がED(勃起不全)になる原因には体の問題のケースと心の問題のケースがあります。

もし、旦那さんがまだ20代や30代であれば体の問題よりも心の問題、ストレスなどが原因でEDになっている可能性が高いです。

これを専門的には「心因性ED」と言います。

そのストレスの原因は奥さんや彼女側に悪気はないのに知らず知らずのうちにプレッシャーを与えていることもあります。

その代表的な原因が「排卵日セックス」と呼ばれるものです。

妊活中は、排卵日が近くなるとチャンスだ!と夫婦そろって力が入りやすくなりますよね。

奥さんも「今日排卵日だから頑張ろうね」など旦那さんについ言ってしまってないですか?

実はこの言葉が男性にとっては大きなストレスに感じてしまうこともあるのです。

排卵日が近づく度にセックスが義務化して楽しめなくなってしまうのです。

最近では、排卵日付近になるとED(勃起不全)になる男性も増加傾向にあり、専門の医療機関への相談者も増えているそうです。

「今日は絶対に成功させないといけない」「失敗したらどうしよう」と思い悩んでしまい、ペニスがうまく勃たない、セックス中の中折れなどを繰り返してしまうのです。

妊活は夫婦二人の協力と努力が大事なのは当たり前のことなのですが、あまりにも力が入りすぎると返って男性はストレスになってしまいます。

一度肩の力を抜いて、自然にセックス自体を楽しんでみるといいでしょう。

精神的なトラブルが引き起こす「心因性ED」とは

心因性EDとは

心因性EDとは、不安・緊張・疲れ・過去のトラウマ・うつ病などが心の問題が原因でED(勃起不全)に陥ることです。

排卵日の時に旦那が勃起しないのも心因性EDに分類されます。

比較的真面目な男性に多くみられ、「今回こそセックスは失敗できない」と自分を追い込んでしまうことで勃起しなくなってしまうのです。

排卵日に勃起しないことを改善するには、とにかく肩の力を抜いてリラックスすることです。

男性は副交感神経が働いている時しか勃起できないのです。

絶対に失敗できないとセックスにプレッシャーを感じるのではなく、楽しく夫婦の時間を過ごすことが大切です。

「仮に成功したらラッキー!」くらいの心構えでいると楽にセックスできるでしょう。

排卵日でも夫を勃起させる4つの解決方法

排卵日EDを旦那さんが解決して勃起出来るようになるための解決方法を4つ紹介します。

排卵日の話はせずに自然とセックスの回数を増やす

旦那 勃起させる

旦那さんにはなるべく「今日、排卵日だから」などの言葉は伝えないようにしましょう。

妊活を始めるにあたって最初に夫婦で勉強することは大切なことだと思いますが、その後は排卵日の話は避けた方が良いです。

そして、自然にセックスをする回数を増やせるような工夫をしていきましょう。

排卵日のセックスを義務化するのではなく、旦那さんと愛を深めるためにその時間を楽しく過ごしてください。

排卵は排卵日の6日前から排卵日翌日までの期間は妊娠する可能性があります、精子も3日程度は体内で生き続けるといいますので、実際には1ヶ月の間で妊娠できるチャンスは月の4分の1以上の日数があります。

自然とセックスの回数が増えるとその期間にセックスする機会は必ず出てくるはずです。

夫婦でセックスを楽しむ工夫をする

旦那 勃起させる

どうしても夫婦間でのセックスというのは新鮮味もなくなりマンネリ化を迎えやすいものです。結果、セックスレスになることもあります。

ですから、夫婦で協力して二人ともセックスを楽しめる工夫をしていきましょう。

旦那さんや奥さんが本当にやって欲しい性行為ってどんな行為でしょうか?

アダルトグッズを使ってみたり、軽いSMチックなセックスやコスプレ、などはどうでしょう。

また、家ではなくラブホテルや旅行先など場所を変えるだけでも雰囲気や気持ちが変わって新鮮なセックスをすることが可能です。

夫婦で一緒にアダルトDVDを鑑賞するのもいいでしょう。

他の目的は全て取っ払って本当にお互いが体をむさぼるセックスを理想にしてみてはいかがでしょうか。

ノンエレクト法

旦那 勃起させる

男性は誰に言われたわけでもないのですが、「女性を気持ちよくさせなければいけない」「ペニスを硬く勃起させなくてはいけない」といったプレッシャーを一人で感じているものです。

そこに排卵日セックスなどプレッシャーが上乗せされれば、なおのこと旦那さんのペニスは勃たなくなります。

そこで、1度「ノンエレクト法」を試してみてはいかがでしょうか。

ノンエレクト法とは「勃起させない、挿入しない」セックスの方法ですね。

前戯だけ楽しむセックスといえばいいでしょうか。

本来、男性が思っている「やるべきセックス」の真逆ですね。ですから、普段セックスにプレッシャーを感じている旦那さんであれば、精神的に解放されること間違いなしです。

結果、うまく勃起することが出来ればそのままセックスしても構いませんし、何度かノンエレクト法を楽しんでみてもいいでしょう。

精力剤を試してみる

旦那を勃たせる

30代後半~40代に差し掛かってくると加齢や男性ホルモンの減少などにより精力そのものが減退してくる男性が多いです。

もちろん、精子の数や濃度、運動率も悪くなります。

実に中高年男性の2人に1人はEDだとすら言われているほどです。

精力が衰えてくる原因は色々とありますが、1つは精力を強くしたり勃起力を高めるための栄養素が不足しているという点が挙げられます。

食事で栄養素を万遍なく摂取するのは理想ですが、現実的にはなかなかそれが出来る家庭は少ないでしょう。

ですので、普段の食事で補なえない精力に大事な栄養素を精力剤から摂取するというのは非常に理にかなった方法です。

特に精子を作るアルギニンや亜鉛などの栄養素は妊活にとってすごく大切な成分です。

ただし、サプリメントは調子が悪いときだけ使ってもあまり意味がなく、日頃から続けて服用することで精力アップや性欲が湧きやすくするものです。

女性が精力剤を旦那さんに勧めるのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、精力剤の販売会社によると購入者の1割は女性だといいます。

精力だけでなく健康にとってもよい成分が豊富に含まれていますから、「もう〇〇歳になったし、健康の為にサプリメントとか飲んでみれば?」という感じで勧めれば、そんなに嫌な思いをする男性もいないと思います。

1度旦那さんと検討してみてください。

どうしても旦那さんに精力剤を勧めるのに抵抗がある場合は・・・・

とはいえ、どうしても旦那さんに精力剤を勧めるのが抵抗があるという奥さんもいらっしゃるでしょう。

そういう時は妊活用の男性サプリメントや、精力剤には見えない?滋養強壮の商品を飲ませてみるのはいかがでしょうか。

ここでは2つ紹介してい見ますね。

妊活用の男性サプリメント「マイシード」

マイシード

それに該当する男性サプリメントの1つはマイシードという妊活用の男性サプリメントです。

精子を作る際に欠かせない栄養素である亜鉛をメインに話題のコエンザイムQ10やセレンなど抗酸化作用に優れた成分が配合されています。

精力剤とは違って、精子の質を上げるための成分に特化した男性サプリメントですね。

旦那さんと購入する際には伝え方を間違えると逆に「妊活のプレッシャー」を煽ってしまいかねませんのでその点だけ注意ですね。

滋養強壮の最高級蜂蜜「ロイヤルハニーVIP」

ロイヤルハニーVIP

そして、もう1つは「ロイヤルハニーVIP」という海外の高級ハチミツです。

成分の大半はマレーシアの高級ハチミツが使用されていて、日本ではあまり馴染みがないですが、アジア圏では有名なセックス前に摂る蜂蜜なんです。

サプリメントなどは即効性に欠けることが多いですが、こちらのロイヤルハニーVIPは即効性にも優れていて、中には3日間程度、ずっと勃起しやすくなったという男性もいるほど。

普段、食べる蜂蜜と比べると決して安いものではありませんが、下手な精力ドリンクを飲ませるなら、こちらの方が栄養価も高くよいでしょう。

ハチミツなので旦那さんに勧めることもなく、普通に紅茶などの入れて飲んでもらえばいいので奥さんの精神的な負担はないですよね。

また、女性用のロイヤルハニーもあるいので夫婦で飲んでみてはいかがでしょうか。

おすすめ精力剤ランキング

勃起力向上委員会が選ぶ激ヤバ精力サプリとは⁉

今すぐCHECK

-ED関連
-, ,

Copyright© 精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ , 2019 All Rights Reserved.