自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログです。勃起力向上委員会を立ち上げ代表を務めるペニ吉が本当に効果が期待出来るおすすめの精力剤をランキングで紹介したり、精力増強やペニス増大を目指すためのお役立ち情報を配信しています。

精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ

精力剤の基礎知識

精力剤とは?飲む前に知っておきたい精力剤の種類や効果について

投稿日:

精力剤とは

ED、中折れ、早漏、短小、包茎...etc

男性の下半身の悩みは尽きることがありません。

特に40代以降の中高年男性は加齢による男性ホルモンの減少などが原因で男性機能の衰えを感じ始める方が多く、精力剤を飲み始めることが多い年代です。

ですが、精力剤で臨んだ効果を発揮するためには事前にしっかりと精力剤のことについて理解しておく事が必要不可欠です。

ですので、今回は初めて精力剤を試してみる方や、これまで精力剤を何度か試してみたけどイマイチ効果がなかった方などのために、精力剤の種類や効果など基礎的な知識について解説していきたいと思います。

精力剤とは?精力剤の種類について

そもそも「精力剤」とは何か?

精力剤には女性用も一部ありますが(媚薬とも言われる)、基本的には男性の勃起力の向上や性欲や精力の増強を目的とした商品全体の総称のことを指します。。

ですので、精力剤と一口に言っても、実は大きく3つに分類することが出来ます。

医薬品成分を含む「勃起薬(ED治療薬)」と「強精剤」に加えて、一般的に私たちが普段、通販サイトやドラックストアなどで目にする機会が多い「強壮剤」の3つです。

よく私たちが「精力剤」という時には強壮剤の事を指していることが多いようですね。

では、1つずつ順番に解説していきます。

勃起薬(ED治療薬)とは

勃起薬(ED治療薬)とは、ED(勃起障害や勃起不全)によりセックス時の陰茎の挿入がうまくいかない場合に強制的にペニスを勃起させる精力剤を指します。

代表的な勃起薬(ED治療薬)ですと「バイアグラ」ですよね。その他にも日本で認可されている勃起薬には「レビトラ」「シアリス」が挙げられます。

EDの原因は様々ですが、勃起薬(ED治療薬)にはペニスの勃起を抑制してしまう酵素(PDE5)という物質を阻害して勃起を維持させる働きがあります。

即効性があり、多くのED男性の勃起を可能にしてくれる嬉しい効果がある反面、短時間に強い作用をもたらす薬なので副作用も強いことが知られています。

勃起薬(ED治療薬)の具体的な副作用としては頭痛・顔のほてり・目の充血・血圧低下・肝機能低下などがあり、国内では医師の処方箋がなくては買うことができないことが法律で決まっています。

強精剤とは

強精剤とは、加齢などの原因により減少した男性ホルモンの分泌を促進する成分が含まれる性欲増強を目的とした精力剤のことをさします。

具体的には「メチルテストステロン」「ヨヒンビン」など医薬品成分を含んでいて、医薬品の分類によってはネット通販では購入できず薬剤師の対面での販売でなければ購入できない強精剤もあります。

加齢とともに男性ホルモンは減少し、それに伴って男性機能も減退していきます。これは男性の更年期障害を引き起こす原因とも言われているので、強精剤を摂取することで症状を改善することも期待できます。

しかし、その一方で強精剤には、発熱・発疹・吐き気・肝機能低下などの副作用も報告されており服用には注意が必要です。

強壮剤とは

強壮剤とは、精力増強だけでなく身心の健康促進や滋養強壮を目的とした精力剤の一種です。

一般的に私たちがドラッグストアやネット通販などで見かける精力剤は強壮剤に分類されることが多く、そのほとんどはサプリメント(栄養機能食品)です。

日本古来の「すっぽん」「マムシ」など滋養強壮に良いとされる素材を使った強壮剤や朝鮮人参やマカなど天然の植物を使用した強壮剤をよく見かけることも多いのではないでしょうか。

これらの強壮剤には新陳代謝を高めたり肉体疲労時の栄養補給に秀でており、結果としては男性機能を高めるという効果も期待されます。

強壮剤は医薬品成分を含んでいないことがほとんどですから、副作用の心配もなく安心して誰でも継続しやすいというのも強壮剤の特徴です。

ただし、アレルギーをお持ちの方や体質によっては副作用が起こる場合もあるので注意は必要です。

精力剤に期待される効果効能とは?

では、これらの精力剤に期待される効果効能にはどういったものがあるでしょうか?

具体的な精力剤に期待される効果効能には、

男性ホルモン(テストステロン)を増やす

ED(勃起不全)や中折れの改善

早漏の防止や予防

精力増強や滋養強壮

精子や精液の質や量を上げる

などが挙げられます。また、中にはその副産物的な効果としてペニス増大をうたった精力剤も最近ではよく見かけるようになりました。

強精剤や勃起薬(ED治療薬)は強壮剤と比べても即効性や効果が強いですが、同時に副作用も強くなります。

特に勃起薬(ED治療薬)に至っては誰でも手に入れられるわけではなく、国内では医師の診察のもと処方された男性だけが飲むことが出来ます。

ですので、深刻なEDでないケースであれば、まずは副作用もなく安心して飲める強壮剤から始めるのがいいでしょう。

30代後半から40代くらいの男性で勃起力の低下や精力の衰えを少し感じ始めたくらいであればバイアグラなどの勃起薬ではなく、強壮剤からスタートすることをおすすめします。

コンビニやドラッグストアで購入できる精力剤は効果が期待できるのか?

結論から言えば、コンビニやドラッグストア、薬局などで販売されている精力剤はあまり効果は期待できません。

理由としては単純に有効成分の量が少ない点や、配合されている成分の種類が物足りないことが多いからです。

特にドリンク系の精力剤は即効性を期待して飲むことが多いと思いますが、ほぼ効果はないと思っていいでしょう。

ドリンク系の精力剤の中には医薬品成分を含む商品もありますが(ユンケルとか)、多くの精力ドリンクはマムシやすっぽん、マカなどが主流で、継続して飲むことで初めて効果を実感していくような成分や素材が使用されいています。

また、ドリンク中に含まれる有効成分の含有量もごく少量です。

結局はドリンク系の精力剤と言えども結局は継続して飲み続けないとあまり意味がないわけですが、コンビニやドラッグストアなどで販売されているドリンク系の精力剤は1本1,000円以上することが多いですよね。

それらを毎日飲むのとサプリメントに比べてコストもメチャクチャかかってしまうためコスパが非常に悪い。

ですので、精力剤でしっかりと成果を出したいのであれば、サプリメントタイプの精力剤でなおかつ成分の量や種類が豊富な商品を選ぶべきでしょう。

となると、やはりコンビニやドラッグストアなど市販で販売されている精力剤ではなく、ネット通販でしか購入できないような精力剤の方がいいということになります。

精力剤は妊活にも効果が期待できるのか?

精力剤は妊活にも効果は十分に期待できるでしょう。

そもそもEDなどが原因でセックスがうまくいっていない場合は勃起薬や強精剤は役に立つでしょう。

また、強壮剤も精子や精液の生成に関わる成分を含んでいる商品もありますので、それらの強壮剤を飲むことで効果は期待できます。

具体的には精液の原料となるアルギニン、またアルギニンなどたんぱく質の合成や吸収に必要な亜鉛の2つの成分が特に有効です。

妊活中の夫婦が精力剤を選ぶ際には、アルギニンと亜鉛の2つの成分を多く含む精力剤に注目してみてください。

世の中の不妊に悩む夫婦のうち、男性に原因があるケースは約5割にもなります。

妊活を成功させるためには健康な体を元に元気な精子や精液はもとより、勃起してセックスが出来ることが大切です。

そのためにも精力剤の力を借りつつ、ストレスや運動不足、タバコや過度なアルコールなど男性機能に悪影響がある生活習慣を改善していきましょう。

加えて、食事面では大豆などの植物性たんぱく質を多く摂ることで精子の運動率を上げることができるのでおすすめです。

おすすめ精力剤ランキング

勃起力向上委員会が選ぶ激ヤバ精力サプリとは⁉

今すぐCHECK

-精力剤の基礎知識

Copyright© 精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ , 2019 All Rights Reserved.