自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログです。勃起力向上委員会を立ち上げ代表を務めるペニ吉が本当に効果が期待出来るおすすめの精力剤をランキングで紹介したり、精力増強やペニス増大を目指すためのお役立ち情報を配信しています。

精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ

ED関連

EDとは?EDの3つの種類や具体的な症状の例を紹介

更新日:

EDとは

EDとは英語で「Erectile Dysfunction」と訳され、日本語では「勃起不全」または「勃起障害」のことを指します。

実に日本の成人男性の4分の1がEDだという統計があり、さらに軽いED(ED予備軍)まで入れると約半数まで人数は増えるそうです。

特に40代50代以降の中高年男性に多いのが特徴ですが、最近では20代男性など若年性EDと呼ばれる層も増えてきています。

こういった数値からもわかるように男性であれば誰しもいつかはEDという悩みに直面する可能性が高く、決して他人事とはいえないでしょう。

ED(勃起不全)は主に3つに分類される

ED(勃起不全)と一口に言っても、大きく3つのEDの種類に分けることができます。では、1つずつみていきましょう。

器質性ED

器質性EDは、血管や神経、筋肉量やテストステロンの分泌量といった体の器官(器質)に原因があるタイプのEDです。

器質性EDは、50代以降の男性に発症することが多く、加齢や生活習慣が原因で発症する場合も珍しくありません。

そのため、治療もバイアグラやシアリスといったED治療薬の投与に加えて、運動や禁酒や禁煙といった生活習慣の改善を含む場合もあります。

心因性ED

心因性EDは、ストレスやプレッシャー、セックスに関する失敗体験など精神的(心因)な原因で発症するEDを指します。

主に20代男性や30代男性の若年層に多く、治療にはシアリスやレビトラなど勃起薬の投薬に加えて、心理的な原因への対処が必要になります。

そのため、心因性EDの治療には恋人や妻といったパートナーの女性の協力が求められこともあります。

混合型ED

EDの中には、器質性EDと心因性EDの両方に原因がある混合性EDもあります。

例えば、「加齢で血管が硬化し、血流が悪化したことに加え、仕事のストレスが増え、EDになった」というような場合も混合型のEDということになります。

この場合、原因が器質性、心因性の双方にある場合も珍しくなく、治療の際には両方の原因を治療する必要があります。

具体的なED(勃起不全)の症状の例は?

ED(勃起不全)の症状は、軽度から重度まで様々なものがあります。

具体的には、「セックスの際にいざ挿入となるとうまくペニスが勃起しない」、「勃起しても十分に硬くならなかったり、中折れしてしまう」、「妻や彼女など特定の相手の時には勃起しない」、「オナニーでは勃起するのにセックスでは勃起しない」というものが挙げられます。

ちなみに、ED(勃起不全)の重症度は普段の陰茎の硬さではなくセックスの成功率で決まります。上記のような症状が原因で、セックスが失敗する頻度が少ないほど軽度になり、多いほど重度になります。

ED(勃起不全)は、適度な運動や生活習慣の見直しなどで改善する場合もありますが、重度になれば医師の治療なしでは改善しない場合もあります。

まずは、ご自身がどのような状態にあるのかを確認し、そのうえで対処法を決めてください。適切な対処で症状は改善しますので、もし判断に迷う場合は医師の診察を受けてください。

おすすめ精力剤ランキング

勃起力向上委員会が選ぶ激ヤバ精力サプリとは⁉

今すぐCHECK

-ED関連

Copyright© 精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ , 2019 All Rights Reserved.