自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログです。勃起力向上委員会を立ち上げ代表を務めるペニ吉が本当に効果が期待出来るおすすめの精力剤をランキングで紹介したり、精力増強やペニス増大を目指すためのお役立ち情報を配信しています。

精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ

ED関連

ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の効果と副作用とは

投稿日:

ED治療薬 効果

ED治療薬は強制的に勃起させる即効性の効果が期待できるお薬です。

中高年男性の約半数はEDに悩んでいると言われていますから、ED治療薬を飲むことを考えている男性も少なくないでしょう。

ただ、勃起への即効性の効果が期待できる反面、ED治療薬には副作用もあります。

まずはその点を理解した上でED治療薬を使用するのか、それとも精力剤でいいのかなど判断する必要があります。

今回はED治療薬の種類とそれぞれの効果や特徴、副作用について紹介していきます。

国内で処方される3つのED治療薬

日本国内で処方されるED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3つのED治療薬です。

どれもセックス時に強制的にペニスを勃起させることは同様ですが、それぞれ効果や持続時間、副作用などに違いがあります。

では、3つのED治療薬の特徴をそれぞれ解説していきます。

バイアグラ

バイアグラは、ED治療薬としては最も有名ですよね。男性なら誰しも1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

バイアグラは世界で最初に商品化されたED治療薬として、発売当初は様々なメディアに登場しました。

実際のバイアグラの効果は、服用から30分~1時間程度で効果が出始めて、5~6時間程度効果が持続します。

バイアグラの最大の特徴は他のED治療薬よりもペニスが硬くなりやすいという点です。

ただし、バイアグラは、強制的に勃起させる効果がある薬ですが、性的な刺激がなければ勃起しません。

また、食後等満腹時に服用すると効果が下がるため、空腹時、若しくは食事から2時間後の服用が推奨されています。

レビトラ

レビトラはED治療薬はバイアグラに比べるとより即効性が高いという特徴があります。

バイアグラは、服用後30分~1時間で効果がでますが、レビトラは早ければ15分から20分程度で効果が出始めます。効果は5~6時間程度持続しますので、この点に関してはバイアグラとほぼ同じです。

レビトラとバイアグラの違いの1つとして、ペニスの感度への影響があります。レビトラは、ペニスの感度が鈍くなりますので、性的な快感が少なくなる反面、過敏性早漏の男性にとっては有効です。

シアリス

シアリスはバイアグラ、レビトラと比べて即効性が劣る代わりに、効果の持続時間が長いという特徴があります。

バイアグラ、レビトラが最大6時間程度なのに対し、シアリスは最大36時間効果が持続します。

シアリスは通常服用から約1~2時間程度で効果が出ますが、より効果の発現を早めたい場合は空腹時に服用してください。空腹時であれば、40分程度で効果が出始めます。

シアリスは、効果が緩やかで持続性が長いため、バイアグラやレビトラが体に合わないと感じた場合は、シアリスを選ぶといいでしょう。

3つのED治療薬のそれぞれの副作用について

ED治療薬は医薬品成分を含みますから、勃起への効果や即効性が望める代わりに副作用もあります。

バイアグラ、レビトラ、シアリスそれぞれのED治療薬の副作用について解説していきます。

バイアグラの副作用

バイアグラの最も多い副作用は「顔のほてり」や「目の充血」です。これは、バイアグラの血管拡張作用によるもので、服用した場合は約9割という高確率で現れます。

また、頻度こそ少ないのですが、頭痛や動悸、鼻詰まりといった副作用がでる場合もあります。

また、副作用とは異なりますが、バイアグラはニトログリセリンなどの硝酸剤の効果を高めます働きがあります。そのため、硝酸剤と併用すると血圧が過剰に低下しますので、現在、硝酸剤を服用している人には使えませんのでご注意ください。

レビトラの副作用

レビトラの副作用はバイアグラと似た症状が多く、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸などが挙げられます。加えて、胸やけや消化不良が発生する場合もあります。

これらの副作用は、レビトラを投与する以上は発生頻度が非常に高く、抑制することが難しいと言われています。

副作用の出方には個人差がありますので、強い副作用が出た場合は必ず医師に相談し、ED治療薬を変えてもらうなどの対策を講じてください。

また、バイアグラ同様、ニトログリセリンなどの硝酸剤と併用できませんのでご注意ください。

シアリスの副作用

シアリスの副作用として顔のほてりや目の充血がありますが、発生頻度はバイアグラやレビトラに比べると低く、代わりに背中や手足の筋肉痛、鼻水といった症状がでやすいとされています。

副作用の発生頻度が全体的に低い理由としては、シアリスが効果もゆっくり作用するからです。

シアリスに関してもバイアグラやレビトラと同様に、硝酸剤との併用は禁じられていますので、ご注意ください。

海外から個人輸入で購入する前に必ず1度医師の診断を受ける

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類のED治療薬は、いずれも国内で購入する場合には医師の処方箋がないと入手できません。

ですが、海外からの個人輸入であれば、医師の処方箋がなくとも入手できる上に、国内にはないレビトラやシアリスのジェネリック医薬品を手に入れることも出来ます。

ただし、海外からED治療薬を個人輸入で購入する場合、粗悪品や偽物のED治療薬も多く出回っていて、非常にリスクが高いため、最初は必ず医師の診断を受けて安全なED治療薬を処方してもらうようにしてください。

それからでも海外から個人輸入代行の業者を使ってED治療薬を購入しても決して遅くはないでしょう。

また、軽度~中程度のEDであれば、生活習慣の改善、精力剤やサプリメントの使用で改善する場合もあります。

まずは、生活習慣の改善や精力剤を服用する等を行い、それでも改善しない場合は医師の診断を受けてED治療薬に頼るというのも効果的な選択肢でしょう。

おすすめ精力剤ランキング

勃起力向上委員会が選ぶ激ヤバ精力サプリとは⁉

今すぐCHECK

-ED関連

Copyright© 精力剤の達人~自力でEDから復活した精力剤マニア「ペニ吉」のブログ , 2019 All Rights Reserved.